映画•ドラマ

隠れた名画『92年の夏』で、絶対あなたもデンマーク好きに!

デンマークのサッカー史上、最も偉大な勝利として今でも語り継がれている1992年の欧州選手権。その感動的なストーリーに基づいて実際の試合映像も盛り込んだ傑作サッカー映画を紹介します。サッカーファン必見ですよ!

タイトル:「92年の夏」(原題:Sommeren’92)

制作:2015年

時間:94分

音声:デンマーク語

字幕:日本語(英語、ポルトガル語、中国語、韓国語)

*2021年6月時点ではNetflixで視聴できます

https://www.netflix.com/jp/title/80106989

まずは、この大会について。1992年欧州選手権の決勝は、デンマーク対ドイツという誰も予想できなかったカードになりました。出場権を剥奪されたユーゴスラビアの代役として急遽招待されて大舞台に登場したデンマーク。そして、ドイツには絶対に勝てるはずがない…。そう思っていたのは他でもないデンマーク国民です。それが、なんと、信じられない展開に…!

この映画は本当によくできていますし、デンマーク代表を知らなくても、サッカーファンなら観て欲しい傑作です。でも、どうせ観るなら絶対に知っておいて欲しい背景があるんです…!この作品はデンマーク人ならもちろん説明不要、そして「92年のデンマーク」で話が通じるサッカーバカなら話が早いのですが、もう30年近く昔のことですよね。なので、このサイトを見てくれているアナタに、全力で紹介していきますよー。

ということで、このコラムのテーマはずばり!

【映画を観る前に知っておきたい6個のこと】

①デンマークサッカー協会がグダグダです

②あのビールがデンマークを救った

③プロ監督のもとで驚きの大躍進

④後任の監督はなぜ人気がないのか

⑤再現度が高いぞ…!

⑥そんなバカな!代表チームが絶対にやらないこと3つ

それでは、ひとつずつ紹介していきますね!

①デンマークサッカー協会がグダグダです

まずはデンマークサッカー協会(DBU)について。代表チームというのは、その国のサッカー協会が監督を決めて、その監督が選手を選考してトレーニングする、というのが普通です。しかし、当時のデンマークサッカー協会はちょっと変わっていました。

・代表選手の選考は教会の選考委員会が投票で決める

・代表チームの監督は2人体制

・選考委員会の委員長が代表チームの「戦術マネージャー」と「フィジカルマネージャー」を選ぶ

うん。意味がわからない。とても不思議な運営ですが、実際にはこれがデンマークでずっと続けていたわけです。そしてようやく1979年7月になって初めて、ドイツ人のゼップ・ピオンテックが代表チームの本当の意味でのプロフェッショナル監督として契約し、チーム選考と練習における全ての権限と責任が与えられました。ゼップは、それまでヨーロッパの小国にすぎず「アマチュアサッカー」と馬鹿にされていたデンマーク代表を初めてワールドカップに導いた偉人です。世界最高のリベロと言われていたモアキン・オルセン、華麗なテクニックを誇るミカエル・ラウドルップ、そして猛牛エルケーア・ラルセンなどのタレントを擁して「みんなでガンガン攻めまくろうぜ!」という小学生男子のような究極の戦術を3-5-2システムで実現しました。でも実はまだまだDBUの体制や考え方は旧態依然のままです。

②あのビールがデンマークを救った

そもそも、アマチュアまるだしのDBUがなぜ有能なドイツ人監督を雇うことができたのか。この背景には有名なビール会社があるのです。それは、みなさんご存知カールスバーグ。そうです、デンマーク王室御用達としても知られるビール醸造会社ですが、1978年にデンマーク代表チームのスポンサーになりました。いいぞ金持ち!おかげでデンマーク代表チームにも使える資金ができて、初めてプロの外国人監督と契約できたのです。日本代表とキリンさまの関係にも似ていますね。僕はサッポロ派です。

③プロ監督のもとで驚きの大躍進

ゼップの指導により、デンマークは強くなっていきます。まずは1984年欧州選手権の地域予選から。第3組の初戦で、なんとデンマークはイングランドと2-2の引き分け!ホームとはいえ、まさかの大健闘。さらにルクセンブルクとのアウェーゲームに勝利、ギリシャもホームで1-0で破って、1983年9月21日にロンドンに乗り込みます。この試合ではイングランドの攻撃に耐えしのぎ、シモンセンのPKで0-1の勝利。テレビ放送はデンマーク総人口の80%にあたる400万人が視聴したのです。予選を6勝1分1敗でトップ通過したのは驚きでした。本大会では、リヨンでの準決勝でスペインと戦い、1-1のスコアからPK戦でエルケーア・ラルセンが失敗して敗退しましたが「デンマークすげえ」という空気がサッカー界に吹き荒れます。そして今もなお語り継がれる1986年W杯での活躍。もうアホみたいな攻撃力で南米の古豪ウルグアイを6-1とぶっ飛ばし、当時ヨーロッパ最強だった西ドイツもやっつけてグループリーグ1位通過。あまりにも大番狂わせすぎる。しかし、3バックの欠陥でもある「ウィングバックの裏を突かれたら即死」のわかりやすい実例として、決勝トーナメント1回戦でスペインに1-5とボロ負け。ブトラゲーニョにやられました。あと「アステカめっちゃ暑かった」うん、好き。とにかく北欧の弱小国デンマーク代表が、世界中に大きなインパクトを残しました。

④後任の監督はなぜ人気がないのか

いやアナタ、考えてみてくださいよ。もしハンス・オフトがドーハで勝って94年W杯アメリカ大会に出場していたら、そりゃもう国民的英雄だったはず。そのあと実際に日本を98年フランスW杯に導いた岡田監督が地味なのにめちゃくちゃ人気あったし、つまり「弱小国を国際舞台で輝かせた名将」は間違いなくヒーローなのですが、問題はそのあとです。ニールセン監督はデンマークU-21代表も指揮していたし、フル代表でもゼップ監督を補佐する有能コーチだったのですが、要するに「独創的な発想もない、魅力がないデンマーク人のおじさん」なのです。とにかく地味。そしてサッカーは守備的でイレブンの規律を重んじるタイプです。守備なんか知るか!ガンガン攻めまくれ!でうまくいったドイツ人の後任ですから、そりゃ人気ないわー。

⑤再現度が高いぞ…!

この映画の優れているポイントのひとつですね。役者さんがよく似ているのです。まず、ニールセン監督はかなり雰囲気が近い!演じたのはウルリク・トムセンという、そこそこ有名な俳優さん。主な出演歴は

  チャーリー・モルデカイ:チャーリーに騙されるマフィアのボス

  ヒットマン:ロシアの悪い大統領

  007 ワールド・イズ・ノット・イナフ:ボンドに撃ち殺されるテロリスト

わぁ、悪役ばかり…。

劇中、ニールセン監督を演じるウルリク・トムセン。
実際のニールセン監督。西ドイツを破り、欧州最強の栄冠に輝いた直後の様子。

あと、キム・ヴィルフォルトも雰囲気がけっこう似てますね。イェンセンは、ええと、パーマヘアだけバッチリ再現。ブライアン・ラウドルップとピーター・シュマイケルは、役者のほうがイケメンかなぁ。

しかし!映画のなかでいちばん再現度が高いのは、準決勝オランダとのPK戦、クリストフテの歓喜クルクル回転!このシーンがいちばん似てます!マジで必見!

⑥そんなバカな!代表チームが絶対にやらないこと3つ

元々世界中の誰も(本人たちも)活躍すると思ってなかったデンマーク代表。大会前の準備も万全ではなく、当然ですが勝ち上がるに連れて疲労も蓄積していきます。フィジカルだけでなく、メンタル面でもコンディション低下に苦しむ選手たち。そんななかで、堅物のニールセン監督が驚きの行動に出ます。まさか決戦を直前に控えて、そんなことするかー?とビックリの秘策が炸裂しちゃいます。

その①:練習を突然オフにして◯◯◯

その②:坊有名チェーン店で◯◯◯◯◯◯を食べまくる

その③:奧さんや彼女が宿泊先に来たら◯◯◯◯…

これらの真相は、ぜひ映画を観て欲しいと思います。そして、ラスト18分間のスペクタクルを楽しんでください。デンマーク国内で嫌われまくっていたニールセン監督の名スピーチ、そしてダニッシュ・ダイナマイトのゴールシーンは感動させられること間違いなしです。

サッカーは最高。

映画も最高。

映画『92年の夏』トレーラー

投稿者プロフィール

タニヤマ ヒロト
タニヤマ ヒロトフォトグラファー
サッカー好きで映画好き。東京ガスのゴール裏からピッチのスポンサー看板裏に場所を変えて、毎週トーキョーの写真を撮りまくる青赤カメラマン。絵になる選手が大好き。好きな選手はバルデラマ。
ABOUT ME
タニヤマ ヒロト
サッカー好きで映画好き。東京ガスのゴール裏からピッチのスポンサー看板裏に場所を変えて、毎週トーキョーの写真を撮りまくる青赤カメラマン。絵になる選手が大好き。好きな選手はバルデラマ。
最新記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。