Jリーグ

誰もが知ってるあのチャント、元々は“日本サッカー応援の母”の歌だった!?

【※筆者注:当記事は2022年1月中旬に作成したものです。記事中のイベントは、新型コロナウイルス感染拡大による東京都のまん延防止等重点措置適用により中止を発表しておりますが、記事の文章は中止発表前のままとなっております。あらかじめご承知ください。】

J1リーグ、FC東京が世界的に見ても非常にユニークなイベントの開催を発表した。その名も『F.C. TOKYO MUSIC FESTIVAL 2022〜青赤歌合戦〜』。本家の紅白歌合戦の会場となった東京国際フォーラムでおこなわれるこのイベント、原稿を執筆している現時点ではTHE MIDWEST VIKINGS、東京スカパラダイスオーケストラ、DJ DRAGONなど豪華メンバーが出演予定となっている。クラブにゆかりある、またはクラブのファンであるアーティストがイベントに登場することは度々あるが、普段ファンが歌っているフットボールチャントの原曲を、アーティスト本人が披露するというのはかなりレアと言える。中でも弊サイトが注目するのは…、もちろんあの「日本スポーツ応援歌の母」!?

この原稿を執筆している現時点(※2022年1月半ば現在)で発表されている限りではあるが、それでも出演者たちの豪華さに目を引いてしまう。のちにチャント化したクラブ非公式応援曲『VAMOS TOKYO!』を歌う、チバユウスケ率いるTHE MIDWEST VIKINGS。そして現・FC東京クラブコミュニケーター、石川直宏の現役時代のチャント原曲『DOWN BEAT STOMP』を演奏する東京スカパラダイスオーケストラ。2019年リリースの『Dale Dale! ~ダレ・ダレ!~ feat.チバユウスケ』でも共演済の両者は、中でもチバそしてスカパラのベース担当・川上つよしが大のFC東京好きとして有名だ。また俳優・武田真治らとのユニット・BLACK JAXXのメンバーでもあるDJ DRAGONは、かつて『島唄』のリミックス(2002年)や日本代表応援コンピレーションアルバム『ULTRAS』に参加している。

スカパラとチバユウスケがシングル『カナリヤ鳴く空』以来の共演を果たした『Dale Dale! ~ダレ・ダレ!~ feat.チバユウスケ』のMV。当時、音楽ファンが「チバが笑ってる」とザワついたことで知られるタイアップ曲。
DJ DRAGONがアルフレッド・カセーロとTHE BOOMとともに2002年6月、国立競技場(※2015年に解体された旧・国立競技場)での日韓W杯・日本vsチュニジアのパブリックビューイングで披露した『島唄』。元々はTHE BOOMの名曲だが、アルゼンチンのコメディアンでシンガーでもあるアルフレッド・カセーロがカヴァーしている。

だが“とんねるず世代”の筆者が最も注目したいのは、“みなさんのおかげです『貧乏家の人々』の荻野目ちゃん”、荻野目洋子の出演だ。いまでは大阪の登美丘高校ダンス部のバブリーダンスで注目を集めた荻野目洋子だが、これまでに彼女が日本サポーター文化に与えた影響は決して小さくないと筆者は考えている。その理由は、1985年に発売した彼女自身5枚目のシングル『恋してカリビアン』ほど、日本のスポーツ応援で歌われた曲はないからだ。Jリーグをご覧になっている方にはおなじみのチャント。曲名にピンとこない方は「○○のゴールが見た〜い、見た〜い♪ラララ〜ラ〜、ララ〜ラ〜♬」といった歌詞は聞き覚えあるのではないだろうか。

例えば今回のイベントを主催するFC東京で言えば、かつて在籍していた長谷川アーリアジャスール(現・町田ゼルビア)のチャントだ。彼のフルネームを『恋してカリビアン』冒頭のメロディーにのせて言うという、実にシンプルながらインパクト絶大な個人チャント。その出来の良さは、彼が移籍する先々で歌い継がれていることでもわかるだろう。なお余談ではあるが、彼がその後に在籍したセレッソ大阪でも『恋してカリビアン』チャントは使われていたが、彼が入団以前より森島寛晃(現・セレッソ大阪社長)以降、香川真司(現・シント=トロイデン)、清武弘嗣、柿谷曜一朗(現・名古屋グランパス)と“背番号8”を代々継承する選手にのみ歌われる特別なものだったため、映画『スティング』のテーマである『ジ・エンターテイナー』が採用されたという経緯がある。

さらにそれ以前には浦和レッドダイヤモンズで水内猛、大柴健二といった選手や、日本代表などでも使用されており、男女問わず多くの選手やチームがお世話になっている曲といえる。

FC東京で『恋してカリビアン』といえば、長谷川アーリアジャスール選手の個人チャント。チームに在籍していた2013年のインタビューで、自身のチャントについて答えている。名前を言うだけのシンプルなチャントで、この破壊力と中毒性は凄まじい。

いつまでも耳に残るメロディーが印象的にもかかわらず、当の荻野目本人がのちに「自分ではいい曲だ、と思ってもなかなかベストテンには入れなかったあの頃。」と語るように、発売当初はオリコン最高位24位と大ヒットと呼べるものではなかったという。そんな不遇な曲の大きな転機となったのはサッカー…ではなく、実は野球だった。ベテランスポーツファンの皆さんならきっとご存知であろう、パリーグ・西武ライオンズ(※当時)の応援団が選手応援歌に採用したことに他ならない。採用の理由は今もって不明だが、曲の冒頭部分と打撃のタイミングがちゃんと“ハマる”ように、8小節の内に収まる調整がされたメロディーは、球界屈指のホームランバッター・秋山幸二の応援歌として長らく使われた。秋山の活躍も手伝ってか『恋してカリビアン』はその後、高校野球の応援でも頻繁に使用されるようになった。そして現在そのメロディーはジャンルを超え、サッカーのスタジアムへと伝わっている。平凡なアイドルソングが、どういう理由で30年以上歌われる息の長い曲に変わっていくのか。まったくもって不思議なものである。

西武、ダイエーで活躍した秋山幸二の応援歌。実は彼には多くの応援歌が作られており、『恋してカリビアン』は西武時代の3曲目にあたる。なおダイエー移籍後は2曲作られたが、西武時代のものは転用されていない。

すでにスコットランドにおいて1887年のカップ戦決勝には“原型”のようなものが存在していたというフットボールチャント。現在もノリッジ・シティのファンに愛される『On The Ball, City』(OTBC)が少なくとも1902年以前から歌われていたという記録があり、現時点ではこれが最古のチャントとされている。(※最古に関しては諸説あり、ポーツマスの『Pompey Chimes』もしくは 『Play Up, Pompey』とも言われている)こうしたサポーター文化はフットボールの国際的な普及、大規模な世界大会の開催をきっかけに、参加国や対戦相手のファン同士が互いに影響を与え合うことで広まり、地域性等に合わせてそれぞれが独自に発展させていった。

試合前にホームスタジアムのキャロウ・ロードで響き渡る、イエローアーミーたちが歌う『OTBC』。19世紀末に作られたとされる歌だが、「いいぞ、シティ!危険は気にするな!」というチームへの強く暖かい後押しに、チャントの原型を感じずにはいられない。

チャントという名前からも分かる通り、元々は聖歌をベースにしたメロディーが応援に使われていたが、その後はクラシックや民謡、童謡やCM曲など様々なものがアイディアの素となっている。特に最もポピュラーなのが、皆さんご存知の歌謡曲をモチーフとしたものだ。The Beatles『Hey, Jude』や、Pig Bag『Papa’s Got a Brand New Pigbag』、The White Stripes『Seven Nation Army』、最近ではリヴァプールの新世代フォークスターであるJamie Websterの『Allez Allez Allez』や、弊サイトでも以前にご紹介したGALAの『Freed from Desire』といった曲が有名どころで、中にはチャントをきっかけにリバイバルヒットを記録するものも存在する。

2019年6月1日チャンピオンズリーグ決勝直前、試合会場のマドリードに集まった5万人以上のリヴァプールファンの前でライブをおこなったジェイミー・ウェブスター。元々レッズファンがカップ戦で歌うチャントを、ジェイミーがアレンジし大ヒット。アコギ一本でパブを回っていた苦労人は、愛するクラブの優勝もあいまって国民的スターへと登りつめた。
2000年初めにイギリスで成功した3人組アイドルユニット・Atomic KIttenの2001年の大ヒット曲『Whole Again』。EURO2020での快進撃を受け、イングランドファンがこの曲の歌詞を変えて「Southgate, your one. Football’s coming home again.」と歌ったことからリバイバルヒット。大会中はファンゾーンにて、アトミック・キトゥン本人たちが“チャント通り”に歌詞を変えて披露している。

リバイバルヒットと言えば、荻野目洋子キャリア最大のヒット曲である『ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)』もまた、 アルビレックス新潟時代の山本康裕(現・ジュビロ磐田)や、かつて川崎フロンターレで活躍した井川祐輔などのJリーグ選手のみならず、高校野球や高校サッカー、さらには海を越えて台湾野球界でも使用されている人気応援歌。さらにベネズエラで生まれた『Moliendo Café』のカヴァー『コーヒー・ルンバ』(※正確には1961年発売の西田佐知子の楽曲のリメイク)にいたっては、ボケンセ発祥の“世界で最も有名なフットボールチャント”のひとつ『Dale Cavese』として知られているのだから、まったくの偶然で意図していないとはいえど、何かとフットボールに縁のある人とも言えそうだ。

FC東京ファンによる『コーヒ・ルンバ』。荻野目洋子版の原曲の、さらに原曲にあたる『Moliendo Café』は世界800以上のクラブで歌われており、日本でも他には横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、北海道コンサドーレ札幌などで用いられている。

以上が私の考える荻野目洋子「日本サッカー影の功労者」説、その理由なのだが…いかがだろうか。まあ、そんな筆者のたわごとはともかくとして、出演者のラインナップから見ても『青赤歌合戦』はフットボールファンのツボを抑えた面白そうなイベントになる予感。なかなか外出もままならないご時世ではあるが、今後も同イベントや他クラブによる開催を希望したいところだ。そのためにも、ご興味ある方はぜひ東京国際フォーラムまで足を伸ばしてみてはいかがだろうか。

※2022年1月25日追記:新型コロナウイルス感染拡大による、東京都のまん延防止等重点措置適用のために、イベント中止となりました。イベントのチケット払い戻しに関するお問い合わせ等は特設HPからご確認ください。1日も早いコロナ禍の収束、イベントの開催実現をお祈りしております。(筆者)

投稿者プロフィール

KATSUDON
KATSUDONLADS FOOTBALL編集長
音楽好きでサッカー好き。国内はJ1から地域リーグ、海外はセリエAにブンデスリーガと、プロアマ問わず熱狂があれば、あらゆる試合が楽しめるお気楽人間。ピッチ上のプレーはもちろん、ゴール裏の様子もかなり気になるオタク気質。好きな選手はネドヴェド。
ABOUT ME
KATSUDON
音楽好きでサッカー好き。国内はJ1から地域リーグ、海外はセリエAにブンデスリーガと、プロアマ問わず熱狂があれば、あらゆる試合が楽しめるお気楽人間。ピッチ上のプレーはもちろん、ゴール裏の様子もかなり気になるオタク気質。好きな選手はネドヴェド。
最新記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。